言葉遣い・金銭感覚・洋服 男性は“きちん”とした女性が好き

2016-06-20_203433

相手に好意を持ってもらうためには、自分のことを強く印象づけることが必要です。

「きちんとしている女性」と相手に思わせることは、モテるための大切な要素だと思います。

まずは言葉遣いです。

タメ口や男っぽい口調など今すぐ止めて、ていねいに話すことを心がけてみてください。

皆が名前やあだ名でその人のことを読んでいても、自分だけは「○○(できれば名字)さん」と呼びましょう。

かた苦しいのでやめてよ、などという方もいらっしゃるかもしれませんが「昔からこうなのですよね、あだ名とか苦手で・・・」と控えめに答えるのです。

これだけで「きちんとした女性」に思われます。

そして、食事に行った時は「自分も払う意思」を強く見せてください。

断られても「今後お誘いし辛くなるので、少しだけでも払います」「これまでそうしてきたのでそうさせてください」などと相手に全部奢ってもらうことを断固拒否します。

奢られるのが当たり前と思っている女性が多いので、これだけで好印象を持つ男性が多いのです。

全部出してもらった場合は「これでは申し訳ないので、次は払いますから二軒目どうですか?」「今日はもう遅いので、次回はこちらからお誘いしてもいいですか?」と奢ってもらったことを理由に、次の約束に繋げます。

これで悪い気がする男性はいないはずです。

多くの男性は「なんでそんなにきちんとしているの?」などと不思議がるでしょうが「両親の教えです」「よくわからないのですが昔からこうなのですよね?」などと適当に返すだけでよし。

昔から、いつもこうだ、というのがより信憑性を増すことになりますので、これについては多くを語らない方がベストです。

そして「きちんとしている女性」をより一層イメージづける服装はワンピースです。

ダボっとしたものでなく、ウエストや袖などにポイントがある、ラインがきれいに見えるものだとよりベストです。

「いつもワンピースだよね?」などと聞かれたら「仕事柄なんです」「重ね着が苦手なので、一枚で動きやすいのが良くて」など、これまた実用性重視で以前から…といった感を出しましょう。

「言葉遣いがきれいで金銭感覚もしっかり、かつワンピースが似合う女性」と聞くだけで何だかモテる女性という気がしませんか?

お試しくださいね。

恋人探しなら共有できる趣味をキーワードにしてみては?

2016-06-20_203021

女性は「素敵な恋をしたい」と常に思う生き物です。

恋をしている女性のあの不安定な気持ちと喜びに弾けるような笑顔がシーソーのようになっている姿には「キュン」とくるものがあります。

本来、「恋」は、探して「する」ものでは無くて「やってくるもの、降りかかってくるもの」というイメージの強い私は、
自分から「しよう」と思って恋する相手を探すというのはピンと来ないのですが、そういう事の起きやすい「状況」や「シチュエーション」はあると思います。

海の中に鳥を探してもいないのは当たり前の事なので、空を探しましょう・・・ということになっていきます。

具体的な事を書くと、「同じ趣味を共有出来るような場」が理想的です。

共有出来る話題が増えていくので、自然に絆も深まるはずです。

例えば、ジャズが好きだったら、ジャズピアノなど習ってみるのも良いと思います。

何かの繋がりが出来ればセッション仲間を求めている同じ趣味の集まりがあったりします。

例えば、混声合唱のサークルなども良いと思います。

これは実体験ですが、私がサークルに入っていた間、私も「ときめく」出会いがありました。

そして、妙齢の集まりだったので、かなりの率で、カップルが誕生しました。結婚に至ったカップルも多いです。

合唱は、地味なイメージがありますが、以外とハードな練習と、大会やコンクール、イベントなどなど「一緒に何かをする」という事の多い趣味サークルです。

他にも、アウトドアが好きな人だったら「登山サークル」なども良いかと思います。

「恋」が始まると女性はとかく意識が相手異性に向かい、世界が狭くなり、相手に重たさを感じさせてしまう傾向があります。

けれど、「趣味」をしっかりと持っていると、向けられるエネルギーが分散するので、そういう「重さ」が減ると思うのです。

多分・・・、多分なのですが、「恋を探して」目を皿のようにしているオーラというのは、何処かから滲みでているように思います。

その貪欲なオーラは逆に異性を遠ざけるかもしれません。

自分の世界をしっかりと持っている女性は凛としています。

その凛とした気高いようないオーラは、知らないうちに魅力になって「恋」というものを引き寄せることに繋がるのではないかと思います。

彼氏ができる!運命の人に出会える場所

2016-06-20_174611

「恋愛がしたいけど、出会いがない。」「結婚はしたいけど、大人になると出会いがないなぁ。」と感じている人も多いのではないでしょうか。

諦めるのはまだ早いですよ。

運命の彼氏と出会えやすい場所についてご紹介したいと思います。

 

習い事や趣味を生かす

近頃では、料理教室などにも男性が習いに来ていることがあります。

こうした興味のある習い事教室に通うことで、同じ趣味を持った異性に出会えるチャンスです。

初めから同じ趣味を共有できるので、話のきっかけをつくりやすく、また距離が縮まりやすい場所ではないでしょうか。

もし気になる教室やコミュニティーがある場合には、参加してみるとよいでしょう。

 

大晦日は女子と飲み会へ

新しい年を迎える大晦日の夜は、仲のよい女子と二人で居酒屋やバーへ飲み会をしましょう。

大晦日は友達同士で飲み会をしている人が多く、また新しい年を迎えるというハイなテンションで隣り合わせになった方や周りの人と乾杯をしながら和気藹々と普段よりも、お店全体が一体感があり、出会いやすいのです。

隣り合わせた男性グループと仲良くなったり、話が弾み、そこからお友達へ発展していくことがあるようです。

 

バーに女子2人で飲みに行こう

バーは少人数で飲みにくるお客さんが多く、また話がしたいときにくる人も少なくありません。

カウンターで飲んでいると、隣の席の男性に話しかけられることもよく見かける光景です。

お酒も入って普段よりも気楽にお話しを楽しむことができるのではないでしょうか。

こうした行きつけのバーを持っているのも幅広い年齢の方と出会えるきっかけになるのではないでしょうか。

 

沖縄料理店に通って婚活

沖縄料理店は沖縄の方がされていることが多く、沖縄の方はとても気さくで、何度も通っているとすぐに店員さんと仲良くなれます。

私が通っていた沖縄料理店も、家族で経営されており、お母さんが人と人を繋ぐのがとても上手な人でたくさんのカップルが誕生していました。

沖縄料理を食べにくる人は沖縄料理が好きな人や、沖縄が好きな人が多く、妙な一体感がありました。

そして沖縄独特の人懐っこく、他人との垣根が低く、隣り合わせたお客さんとも話しやすい雰囲気でした。

人見知りしやすい方は必見です。

不思議と周りの人が話しかけてくれ、楽しい食事や出会いが待っていますよ。

 

まとめ

このように、出会いの場はふとした場所にたくさん転がっています。

他にも夏フェスやハロウィンイベントなどに参加するのもいいですし、クラブで出会って結婚した友人もいます。

出会いは待っていてもやってきません。

自分の足で歩いて、運命の人に出会いにいきましょう。